So-net無料ブログ作成
検索選択

<近江八幡市長選>冨士谷氏が初当選 滋賀(毎日新聞)

 旧安土町との合併に伴う近江八幡市長(滋賀県)選で旧近江八幡市長の冨士谷英正氏(63)が初当選。前知事公室長の深井俊秀氏(55)を破る。投票率は56.44%。

 確定得票数次の通り。

当18583 冨士谷英正=無新<1>

 17289 深井 俊秀=無新[民][社][国]

協会けんぽの低い健診率に改善求める声−厚労省内仕分け前半が終了(医療介護CBニュース)
元交際相手にナイフ突きつけ15時間監禁容疑 無職の男逮捕 警視庁(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)
「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
<普天間移設>沖縄の首長ら、東京都内で集会(毎日新聞)

78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)

 18日午後9時ごろ、山口県山陽小野田市港町、大石義美さん(81)方の風呂場で、妻、サカヨさん(78)が倒れていると119番があった。山陽小野田署によると、サカヨさんは頭に数カ所の切り傷や打撲があり、死亡が確認された。普段は財布や自宅の鍵を入れているバッグが自宅からなくなっており、県警は19日、同署に捜査本部を設置し、強盗殺人容疑で捜査している。

 県警によると、義美さんは山陽小野田市の病院に3月下旬から入院しており、サカヨさんは1人暮らしだった。衣類を身に着けた状態で風呂場であおむけで見つかった。電気は消えており、風呂場以外に目立った血痕はなかった。

 19日午後にも司法解剖する。

 近所の人によると、サカヨさんは日ごろから玄関脇の植木鉢の下に合鍵を入れていた。事件発覚時には合鍵がなくなっており、玄関や窓が施錠されていたという。

 サカヨさんは義美さんの妹(59)=同県宇部市=と一緒に義美さんを見舞い、17日夕方に別れた。妹は18日午後5時ごろにサカヨさんに電話したが連絡がつかず、妹と夫(59)が午後9時前に自宅を訪れ、発見した。玄関のガラスを割って家の中に入った。

【関連記事】
風呂場で78歳女性殺害、強盗殺人で捜査 山口
「誰が解約した」包丁持ち出し次々 豊川の一家5人殺傷事件
血まみれ、炎に包まれる家 「引きこもり」30歳容疑者
「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕
「襲撃されて殺害」に広島高裁も正当防衛否定 元組員の控訴棄却
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
<乳児虐待>壁に投げつけられた長女、11月にも骨折 (毎日新聞)

<女性遺体>福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)

 14日午前8時45分ごろ、福岡市中央区那の津3の須崎ふ頭付近で、近くにいた男性作業員から「人の胴体部分が浮いている」と福岡県警博多臨港署に通報があった。県警が調べたところ、海中に腹部から首付近までの人の遺体が漂流しているのが確認された。体形から女性とみられる。

 同市西区の能古島と同市中央区の福岡競艇場では3月以降、同市博多区堅粕の会社員、諸賀(もろが)礼子さん(32)の切断された下腹部と両腕が相次いで見つかっており、県警は遺体が諸賀さんの胴体部分の可能性があるとみて、身元の特定を急いでいる。

【関連ニュース
切断両腕:諸賀さんと断定 福岡県警
遺体両腕:海上の袋から発見 被害者の諸賀さんか 福岡
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近
能古島切断遺体:尻に複数のあざ 他の部位を捜索
福岡・能古島の女性遺体:競艇場の両腕は諸賀さんと断定−−県警

<胎児治療薬>保険を適用 胎盤通じ投与、呼吸困難防ぐ(毎日新聞)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
雑記帳 ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)

包丁で両親刺す、母死亡=23歳無職男を逮捕−北海道(時事通信)

 12日午前1時すぎ、北海道北見市清見町の地方公務員渡辺清治さん(57)から「息子に胸を刺された」と110番があった。道警北見署員が渡辺さん宅に駆け付けたところ、渡辺さんと妻のパート従業員良子さん(55)が胸などを包丁で刺されており、2人は市内の病院に運ばれたが、良子さんは病院で死亡が確認された。渡辺さんも治療中という。同署は、殺人未遂容疑で同居の息子の無職大起容疑者(23)を現行犯逮捕した。
 同署によると、大起容疑者は「殺そうと思って刺した」などと供述。包丁は自宅の台所から持ち出したという。同署が動機を調べている。 

【関連ニュース
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定
教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん
県立病院職員、自殺は労災=「ストレスで症状悪化」

首長新党にエール=原口総務相(時事通信)
<ISS>宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動(毎日新聞)
陸幕で結核集団感染 10人感染、84人陽性反応(産経新聞)
日中首脳会談、東シナ海ガス田開発問題進展なし 死刑執行に触れず(産経新聞)
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ(産経新聞)

「勉強は…」私大下宿生の生活費1123円(読売新聞)

 首都圏の私立大に昨春入学した下宿生の1日の生活費は、調査を始めた1986年度以降で最低の1123円だったことが7日、東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調査でわかった。

 東京私大教連は「アルバイトをしないと食べていくことができず、勉強どころではない学生が増えている」としている。

 調査は昨年5〜6月、首都圏の1都5県にある計18の私立大・短大に入学した新入生の保護者約4900人を対象にアンケート方式で実施した。保護者の年収は2008年度比24万円減の898万6000円で、90年度以降で初めて900万円を割り込んだ。

 下宿生への仕送りは、ピークだった94年度(12万5000円)から下がり続け、月額9万3000円だった。家賃を引いた生活費は月額3万3700円。ひと月30日とすると1日に使える額は1123円で、この中から光熱費や携帯電話代も捻出していることになる。1日あたりの生活費に最も余裕があった90年度(2460円)の半額以下に落ち込んでいた。

「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
阿波おどりは基本教養、徳島市新人職員が研修(読売新聞)
定数訴訟判決、また「違憲状態」=衆院選、無効請求は退ける−高松高裁(時事通信)
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)
<訃報>細川益男さん85歳=ホソカワミクロン会長、前社長(毎日新聞)

<足利事件>報告書公開 個別事件情報のウェブ上公表は異例(毎日新聞)

 再審無罪が確定した足利事件について、最高検は捜査・公判の検証報告書を検察庁のホームページ(http://www.kensatsu.go.jp)で公表した。個別事件に関する情報をウェブ上で公表するのは異例。

 1日に会見で公表した内容と同様に▽DNA鑑定を過大評価▽自白の検討が不十分−−など7項目の問題点を列挙。凶悪重大事件では発生当初から専属の検事を置くなど、3項目の再発防止策を挙げている。無罪が確定した菅家利和さん(63)のプライバシーに関する部分は省略した。

【関連ニュース
警察庁長官:「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議
足利事件:捜査チェック不十分…最高検報告書
足利事件報告書:虚偽自白の危険性…可視化議論に一石
足利事件:栃木県警が会見「改めておわび」
足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒

<米大使公邸>米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)
医療観光の推進で3省庁の連絡会議を―観光庁(医療介護CBニュース)
在外有権者が投票求め提訴 裁判官国民審査(産経新聞)
新党結成「右往左往しない」=野田財務副大臣(時事通信)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。